【広末涼子】「口でしてあげよっか…?」全盛期に自分の父親を誘う純朴な娘を演じた映画の濡れ場シーン

フェチ動画

動画が表示されない、または502 Bad Gatewayエラーが表示される場合は何回かページを再読み込みして下さい。

東野圭吾原作、1999年公開の映画『秘密』のワンシーン。

当時18~19歳の広末涼子は清純派女優として大人気で、今でいう広瀬すず的なポジションでした。中学生当時の自分も映画館に観に行きましたが、純粋だったゆえに濡れ場シーンと衝撃のセリフが忘れられずにストーリーそっちのけで、ずっと悶々としていたのを覚えています。

映画の概要を書くと、母親と高校生の娘が事故にあい母親は亡くなってしまったのですが娘は奇跡的に命が助かる訳です。

ところが助かったはずの娘は母親の魂が宿ってしまっていて、ここから父親と娘の体を借りた母親の奇妙な生活が始まります。

見た目は高校生の娘ですから外では娘を演じ、家に帰ってきて旦那の前では妻になる。なので旦那も妻であると確信した時にどうしても体を求めてしまうのですが、見た目が娘ですから葛藤するんですね。この部分が個人的には凄く好きです。

映画自体も非常に面白く感動するので興味のある方はぜひ見てみて下さい。

関連記事

【壇蜜】玄関先で一回り年下の青年をフェラ抜き口内射精させる濡れ場シーン【私の奴隷になりなさい】
壇蜜主演映画『私の奴隷になりなさい』より。 性奴隷としての喜びに目覚めた女と、...
映画での池田エ○イザのフェラ抜きシーン【チェリーボーイズ】
こちらの動画は映画「チェリーボーイズ」の”フェラファイト”のシーン。 童貞をこ...